MENU
アーカイブ
カテゴリー

年号なし!地域ごとのストーリーで大人になっても世界史を学べる「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」【書評】

でぃーちち

仕事に追われ、1ヶ月以上も新規記事更新をしていませんでした。
久しぶりの更新です。

皆さんは学生時代、世界史は好きだったでしょうか?

今回は「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」です。

この本はこんな人にオススメ
  • 世界史を暗記科目として勉強しているorしていた方
  • 改めて、世界史を学んで教養を身につけたい方
目次

ストーリーで覚えることで身につく世界史の教養

書店の世界史コーナーへ足を運んだきっかけは、いわゆる教養を身につけるためです。

本を読むようになってから人が歩んだ歴史を知ることは、生きていく上で重要なことだと知りました。

まずは、広く世界史全体を追いかけられる本を探そうとした矢先です。

目に飛び込んできたのは「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」という表紙でした。

でぃーちち

一度読んだら絶対に忘れないなんてことはないでしょう…と手に取っていました(笑)

歴史を暗記しても覚えてはいない

僕は高校生のとき、世界史が好きか嫌いかでいうと好きな方でした。

理由はテストで点が取れるからです。

世界史自体が好きだったのか?と言われると怪しい理由ですが、覚えるのは楽しかったです。

しかし、良い点数を取れた要因は、一時的な暗記が得意だったからに過ぎません。

手にとって本を読み始めたところ、覚えていることほとんどありませんでした。

単語や年号を覚えるのではなく、ストーリーを読む

暗記科目として認識されていることが世界史への苦手意識や、教養として身につかないことに繋がるとしています。

著書で実践されていることは主に2つです。

  1. 年号を使わないこと
  2. 主役を変えないこと

どちらも今までにない試みです。

年号が出てこない新しい教科書

歴史といえば、年号ですよね。

学生の頃は歴史=年号と結びつけて覚えましょうと教わった気もします。

でぃーちち

1192(いい国)作ろう!鎌倉幕府を教えられていた世代です。今は1185(いい箱)らしいです。

「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」年号が出てきません!!

筆者も今までにないと本の中で綴っています。

何をしたのか?に集中できる

世界史を勉強する中で覚える大半のことは、範囲内の単語や年号、人物名です。

年号を出さないことで誰が(国、人)何をしたのかに集中できると感じました。

主役を固定化して、ストーリーを辿る

著書は歴史の中で最初に、文明が栄えた4つの地域を1つずつ焦点を当てています。

4つの地域
  • ヨーロッパ
  • 中東
  • 中国
  • インド

主役を変えずにストーリー仕立ての作りにすることで、とっつきやすくしています。

一般的な教科書は主役が変わるのでわかりにくい

一般的に学校で教える世界史の教科書は、年代ごとの出来事を一通り確認した上で次の年代に進みます。

そう、主役(国や地域)がコロコロ変わっていくのです。

1ページの中でエジプト文明の話も、中国文明の話も一緒くたに書かれている状態です。

今までは当たり前だと思っていましたが、複雑さが増しているような作りです。

世界史全体の流れを掴みやすい本のひとつ

でぃーちち

世界史全体を学びたいという僕の目的に合う、本の一つでした

良かったところ
  • 主役が固定のストーリーなので章ごとの話が読みやすい
  • 地域ごとの特色が読み取りやすい
  • 巻末付録に深掘りしたい地域や国、年代ごとに読むべき本の記載がある
良くなかったところ
  • 人物名の振り仮名がない場合が多い
  • 地図が見にくい(海と陸の区別がつきにくい)

教養として、世界史を学ぶためのスタートにふさわしい本でした。

プロフィール背景画像
でぃーちち
くまさんくらっせの先生
くまさんくらっせライティング担当
妻美と一緒に素敵な学びを伝えていきたい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる