MENU
アーカイブ
カテゴリー

ムラがなく綺麗にイラストを塗りたい方へコピックの塗り方を解説

  • URLをコピーしました!
妻美

どうしたのかしら

むろまち

イラストを綺麗に塗りたいのに塗れないんだ

妻美

ムラが出ちゃうってこと?

むろまち

うん。同じ色で塗っているのにはっきりとムラが出ちゃうんだ…

目次

コピック塗りでムラが出るというのはこういうこと

こちらの写真はイラスト素人のでぃーちちが塗った四角形です。

使用画材:ミリペンBrown0.05m、コピックRV32、ヴィフアール細目

両サイドの塗りの始まりと終わりにムラ(濃淡の違い)が出ていますね。

線も一定方向なので重なっている場所と重なっていない場所で違いが出ています。

なぜ、ムラが出てしまうのかと言いますと、塗りの回数やペン先を置いた回数に違いが出てしまうからです。

コピックは重ね塗りが前提のマーカーペンですので、回数によってムラになりがちです。

では、どうすれば上手に塗ることができるのかというと?

妻美

妻美流の塗り方はこれ!

ムラなく塗るためには円を描くように筆を動かし、紙からペン先を離さない

同色を塗るとしても塗る範囲を何回かに分けて塗る場合、色ムラはつきものです。

重要なポイントとなる、注意すべき点は2つです!

ポイント
  1. くるくると円を描くようにペン先を動かすこと
  2. 一度、紙にペン先を置いてから塗りたい範囲を塗り終わるまで紙から離さないこと

くるくると円を描くようにペン先を動かすこと

1つ目の円を描くようにペン先を動かす塗り方は、画像の右のようなイメージです。

くるくるとペン先を回して、円の動きを活かしたパターン

使用画材:ミリペン Brown0.05、コピックRV32、コミックケント(デリーター)

円を描くように塗ると同じ場所を塗る回数が増えるため、均等にインクがでます。

一定方向に直線で動かしたパターン

使用画材:ミリペン Brown0.05、コピックRV32、コミックケント(デリーター)

直線で描くとペン先を置いたところと離したところにインクが溜まりやすく、濃くなります。

また、線と線の重なった部分も濃くなってしまうのでムラが生まれます。

並べてみると一目瞭然です。

使用画材:ミリペン Brown0.05、コピックRV32、コミックケント(デリーター)

度、紙にペン先を置いてから塗りたい範囲を塗り終わるまで紙から離さないこと

次に大事なことは、塗り終わるまで紙からペン先を離さないことです。

ペン先を離して、同じ場所から続きを塗ろうとすると、インクがつなぎ目に溜まってしまいムラの原因となります。

塗り終わるまでの集中力は必要ですが、綺麗に塗るためには必要なことです。

妻美メモ

塗り終わるまで塗り続けるため、コピックのインク残量には注意が必要!

まとめ:くるくる塗りでムラなく綺麗なイラストを描いてみよう

妻美

くるくる塗りはどう?イイ感じ?

むろまち

ケント紙に塗ってみてるけど、慣れるまでは難しいかもしれない…

妻美

塗るのが難しいケント紙とかはどう頑張ってもムラなく完璧には難しいけど、水彩紙+くるくる塗りなら回避できるかもしれない!試してみてね

まとめ:今回の記事で使用した画材

でぃーちち
くまさんくらっせの先生
くまさんくらっせライティング担当
妻美と一緒に素敵な学びを伝えていきたい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる