MENU
アーカイブ
カテゴリー

【ライフスタイル】使いにくかったライブ変換の方が実は早かった

でぃーちち
でぃーちち

こんにちは、でぃーちちです。ブログを執筆する上で早く書きたい!もっと執筆スピードを上げたいと思いますよね。そんな望みを叶えてくれるライブ変換のお話です。

目次

ライブ変換って実はストレスフリーな時短術?

ライブ変換とは

ライブ変換はMacやiPadなどのiOSに搭載されている自動変換機能です。文字をタイピングするとリアルタイムで変換を行なってくれます。

変換キーやスペースキーを叩かなくても変換してくれるので、余計なアクションを挟まずに文字を打ち続けるだけでタイピングが可能になります。また、ある程度の文字数に到達するとエンターキーを打たなくても入力完了状態になります。

ライブ変換を最初は不便に感じてしまう

新しく追加された機能ということもあり、使いにくくてこの機能をオフにしてしまう人の方が多く見受けられます。検索にライブ変換と入れると「オフ、うざい、使いにくい」という言葉が繋がります。

または、そもそも機能自体を認識しておらず、なんかちょっと使いにくいなと感じている方もいるかもしれません。

僕は後者でこの機能をついこの間まで認識していませんでした。ブログを書き始めて文字をたくさん打つことになり、記事を書くスピードを上げる方法は無いかと考えていました。

目に止まったのは変換です。Macで入力するとWindowsと比べると誤変換が多い気がしました。Windowsとの違いから不自由に思うこともあり、調べてみたところライブ変換に辿り着きました。これが原因だったのかと納得しました。

早速機能をオフにして、windowsでも使い慣れている日本語入力をインストールしました。

従来のスペースキー変換が本当に早いのだろうか?

今まで通りのタイピングができる様になったのでこれでブログを早く書ける様になるぞ!と意気込んで新しい記事に取り組んだのですが、違和感を感じます。

変換のためにスペースキーを叩いて、目的の変換に辿り着くまで時間がかかるのです。こんなに下まで探さないとたどり着けなかったのかとびっくりしました。

そこでとある文章をライブ変換をオンオフ切り替えてタイピングしたところ、ライブ変換の方が早く文章を打ち込むことに成功しました。

ライブ変換が不向きな入力と対策

実際に試すことで早い方がわかりましたが、ライブ変換も不便だと感じる点はあります。僕が体験した中では主に以下の2つについては煩わしく感じる要因です。

  1. 単語単位の短い入力
  2. 認証における意味を持たないひらがなの維持

1. 単語単位の入力に関しては、気をつけるべきポイントがあります。「単語」として1つ1つ入力していくのではなく、「文章」として長く入力することです。

AIが適切な変換に直せるように判別できる要素を増やしていくことで適切な変換を当ててくれます。打っている最中に誤変換をしていてもそのまま、文章を打ち続けることで文章に合わせて変更してくれます。最終的に思っていた通りの変換になっていることが多く、ストレスを感じにくくなります。

まずは変換のことをあまり考えずに頭の中にある文章をタイピングしてみてください。ライブ変換の素晴らしさに気づくことが出来るかもしれません。

最後に

ブログを書く上での悩み。一つの記事を書くのにかかる時間です。ブログを書いているといつの間にか時間が過ぎ去っています。

もっと早く、質の良い記事を書ければ豊かな生活へ近づけるのではないかと思っていますので今後も時短を意識して、新しいことを自分のモノにしていきたいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

プロフィール背景画像
でぃーちち
くまさんくらっせの先生
くまさんくらっせライティング担当
妻美と一緒に素敵な学びを伝えていきたい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる